ツーバイ材を使った子供用イスの作り方

家具

久しぶりの投稿です。なかなか作る時間がないのですが、写真を整理している中で、ずっと前に作ったイスの写真が出てきました。

当然のように記事にしてあるはずだと思ったのですが、どこを探しても出てこないので、まだ書いていなかったようです。今更ながらですが、書いてみようと思います。

このイスは、家に転がっていたツーバイ材(2×4)で安上がりに作ろうと思ったものです。木材が高騰している今となっては、ツーバイ材も手軽に買える材料では無くなっていますね。

今回、工夫した点としては、脚の形です。この時期に新たに仕入れたジグソーを使って、脚の形に変化をつけてみました。真っ直なものではなく、斜めに反った感じにするだけで、少しおしゃれになった気がします。ジグソーの使い方に関してはこちらの記事をご覧ください。

あとは、塗装をツートンカラーにし、色をつける部分にはビンテージ風な仕上がりとなるワックスを使いました。この色合いで、ずいぶんかわいくなった気がします。

ルーターを使って、丸みを帯びさせることでも、子供が使っても安全なものとなりますし、可愛さも出てくると思います。

それでは、作り方に移ります。

まずは、座面を組みます。3枚の板をジョイントカッターを使ってビスケットジョイントしていきます。

しかし、何度使っても「これは簡単に組めるよなあ」と思います。サッと掘って、パッと組む感じです。工具は高いですが、それだけの価値はあったと思います。使い方は下の記事をご覧ください。

組み上がったものは、ジグソーで形を整えます。曲線を切るのはジグソーが得意ですね。

カーブは曲線定規や雲形定規を使って書きます。少しずつ変化させると失敗なく作れると思います。

次は、脚の部分を作っていきます。ツーバイ材(38×89㎜)だと脚には太いので、斜めの形に加工していきます。下書きでは、なんとなくのイメージで書いていきます。

脚の構成としては直線ばかりなので、切断は丸のこで加工していきます。

脚を組み付ける際には、ビスで組み付けた後、ダボを使って穴を埋めます。座面は、ダボを使って組み付けます。

組み上げる前には、それぞれをルーターで丸みを帯びさせ、サンダーで表面を磨きます。脚の部分はワックスで色を付けるので、あまり細かな番手までは磨き上げません。細かすぎると、表面に色味成分が入らなくなり、色が乗らなくなります。

脚の部分にはワックスを、座面には蜜蝋ワックスを塗って完成です。

今回、使った工具などです。




今まで作ったものをこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました