カフェ板で作るテーブルは、けっこう簡単にできるよ(図面あり)

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、源です。今日はテーブル作ります。

げん

カフェ板って知ってる?

ホームセンターの木材コーナでは、最近よく見かけますね。杉のちょっと厚め板ですが、三角の凹凸が側面に加工してあって、板同士を簡単にくっつけることができます。

この板を使ってテーブルを作ります。

材料

まずは使用する材料です。今回はカフェ板と45角のホワイトウッドです。大体のホームセンターで手に入りますね。カフェ板は長さが1m、2mのものがよく流通しています。

天板の幅を50㎝にしていますので、どの長さのカフェ板を購入しても構いません。

スクロールできます
名称規格数量
カフェ板200×30×500㎜3枚
ホワイトウッド45×45×420㎜4本
45×45×355㎜2本
45×45×265㎜2本
45×45×350㎜1本
材料一覧表

作り方

天板の接続は木工用ボンドでくっつけるだけです。反るのを防いだり、しっかりくっつけるため、ベルトクランプやクイッククランプを使いました。

これらがなくても、何らかのオモリを載せて置けばいいでしょう。

SK11(エスケー11)
¥1,480 (2023/11/02 15:26時点 | Amazon調べ)

今回は3枚のカフェ板を繋ぎましたが、60㎝ × 60㎝くらいになります。テーブルとしては、長方形が使いやすいので、周囲を切って大きさを整えます。ついでに、短辺方向の三角になっている凹凸部分も切り落とします。

表面を電動カンナで削って、ジョイント部分が目立たないようにします。このままでも味わいがあるので、好みで残してもいいです。

机の角は丸く落とすといい感じになります。ジグソーを使って曲線切りします。

ルーターを使って表裏の角を丸くします。丸くするビットを使います。

天板なので、節による陥没がる場合には埋めておきます。木工用パテが便利です。穴に塗り込んで、乾いてから削れば綺麗になります。そのままでは寂しいので、ステンシルで絵を描きます。

ステンシルのやり方は、こちらの記事に詳しく書いてあります。

天板が完成したので、脚を作ります。杉の45㎜角材がたくさん余っていたので使います。

椅子との高さをみながら、天板の位置を決めます。椅子の座面から天板の高さの差を差尺と言います。20㎝〜30㎝が標準となりますが、体の大きさに合わせて調整してください。

椅子に座って、天板の高さに板を持ってきてみると、高さのイメージがよくわかります。

全てを杉で作ったので、脚の部分には色をつけ、天板は蜜蝋で木肌のままとします。

塗装をして完成です。塗料を紹介します。

ターナー色彩(Turner Color)
¥2,839 (2024/02/26 14:50時点 | Amazon調べ)

慣れてしまえば、半日で完成できます。

使用工具

丸のこ

カフェ板の長さを調整したり、天板の四辺を整えるのに使います。

マキタ(Makita)
¥12,228 (2024/02/29 10:33時点 | Amazon調べ)

ジグソー

天板の曲線部分を切ります。直線も定規を使えば真っ直ぐ切れるので、丸のこよりも重宝します。

マキタ(Makita)
¥14,792 (2024/02/28 21:54時点 | Amazon調べ)

トリマー

写真ではルーターを使っていますが、トリマーの方が小回りがきいて便利です。ルーターとトリマーの大きな違いは力強さなので、深く彫りこまない時には、トリマーで十分です。

電動カンナ

天板のカフェ板接続部分を目立たなくするため、天板上面を2㎜ほど削ります。カンナで削ろうとすると結構な手間なので、電動カンナがあると便利です。

マキタ(Makita)
¥18,966 (2024/02/24 16:55時点 | Amazon調べ)

インパクトドライバー

脚をコの字に固定する際、ビスを打ったり、ドリルで孔を開けます。

ランダムサンダー

天板の表面を整えるため、磨きます。手でやすりがけしてもいいですが、サンダーはとても早く処理できます。

以上で作り方の説明は終わりです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは、源です。
平日はしがないサラリーマン、週末の気が向いたときにDIYをしています。
いろいろ作ってみては、考えたこと、失敗したことなどをブログに書いています。
このブログを読んで、「私も作ってみようかな」と思える人が増えるよう、DIYの楽しさを伝えていきたいと思います。

コメント

コメントする

目次