端材だけを使って、材料費が1,500円以下のTV台をDIYしました

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、源です。今日はTV台を作りました。

げん

難易度(★★☆☆☆)かんたんよ

小さなTVを載せる台を作りました。端材だけを使って作りましたので、とても安く作れています。

2023年8月にホームセンターの端材コーナーで見つけました。元々、TV台を作るように頼まれていたので、ちょうどいいと思って買いました。結構、掘り出し物だと思います。

材料規格値段数量
合板900㎜×300㎜×12㎜350円/枚2枚
柱材60㎜×60㎜×600㎜180円/本4本
合計1,420円
材料一覧表

材料が揃ったところで、どんな雰囲気にするのかを調整します。大きさや雰囲気をメモを使って決めます。

調整の結果、右側のイメージで作ることになりました。

  • 横幅600㎜ 高さ450㎜ 奥行き300㎜くらい
  • 扉などは付けず、TVとDVDプレーヤーのみを載せる
  • 中の棚は、十分な余裕のある高さで

それでは、作り方です。

  1. 合板の長さを短くする(900㎜→700㎜)
  2. 柱材の長さを短くする(600㎜→500㎜)
  3. 柱材に合板をはめる溝を掘る(2カ所×4本)
  4. 合板にはめ込み部を加工する(4カ所×2枚)
  5. 柱材と合板をはめ合わせる

1、2材料を短くするのは、丸のこで切るだけです。

3、溝はルーターで掘ります。合板の実測厚さ11㎜だったので、10㎜の溝彫ビットを使いました。

今回の経験からすると、溝の幅は、合板の厚さと全く同じ幅でも良かった思います。結果として、合板を削りましたが、その作業が省略できたはずです。

4、溝の実測値から、合板のはめ込み部の大きさを決めます。個々の位置を仮ハメ合わせして、合板の厚さ、溝の深さ、幅などを調整して、スムーズにはまるようにします。

ジグソーを使って切り進めます。

ハメ合わせを調整します。サンダーで厚さを調整したり、ノミやヤスリで溝の幅や深さを整えます。

5、塗装を済ませたら、木工用ボンドを使って、ハメ合わせます。ゴムハンマーや当て木を使って、奥まではめ込みます。

合板はウッドワックス、柱材は蜜蝋ワックスを塗りました。

ターナー色彩(Turner Color)
¥2,544 (2024/07/24 05:33時点 | Amazon調べ)

塗装が乾いたら、溝に木工用ボンドを塗ってはめ合わせます。

以上で完成です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

追記

スペース的に余裕が多いので、一段追加したいと要望がありました。

取り外し可能な中間段を追加しました。柱と柱の間に合板で作った受け台をはめ、その上に一段載せる方式です。

最終的な形はこんな感じになりました。

必要な工具です。

まずは木を切るための丸のこです。木工では、どんな時にも役立ちます。

マキタ(Makita)
¥12,228 (2024/07/21 08:48時点 | Amazon調べ)

溝彫には、ルーターを使いましたが、取り回しの容易なトリマーをお勧めします。

マキタ(Makita)
¥10,391 (2024/07/19 22:40時点 | Amazon調べ)

ルーターにはビットセットを使いました。軸径6㎜であればトリマー、ルーター共通で使えます。

身近な材料で縁台を作りました、よろしければご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは、源です。
平日はしがないサラリーマン、週末の気が向いたときにDIYをしています。
いろいろ作ってみては、考えたこと、失敗したことなどをブログに書いています。
このブログを読んで、「私も作ってみようかな」と思える人が増えるよう、DIYの楽しさを伝えていきたいと思います。

コメント

コメントする

目次