DIY

丸のこ定規ってどう使うの?

丸のこ定規の使い方について考えます。丸のこをフリーハンドで使いこなすことは難しいので、ガイドを使用します。丸のこ定規は様々な角度を切ることができるので、DIYにおいては非常に重宝します。
DIY

さしがねってどう使うの?

さしがねは、ただ長さを測るだけではなく、線を引いたり、角度をだしたりなど、いろいろな使い方があります。今回は、さしがねの使い方について学んでいきます。
DIY

水平器ってどうやって使うの?

水平器は、水準器やレベルとも呼ばれることがあります。測定対象に設置して、水平や垂直を調べることができます。ウッドデッキを製作するときには、気泡管を用いた水平器を使用します。今回は、水平器の使い方や選び方について確認します。
DIY

コンベックスってどう使うの?

ウッドデッキ製作において、長さを測る器具として「コンベックス」の選択方法について考えます。必要な長さや幅をもとに選択していきます。
ウッドデッキ

丸のこはどう使うの?

さえウッドデッキを製作するときに、木を切断することは非常に多くなります。このとき、非常に便利なのが「丸のこ」なのですが、使用したことがないと、ちょっと怖いきがします。安全に気をつけながら使えば安全な工具です。
DIY

インパクトドライバーはどうつかうの?

ウッドデッキを製作するときに必要な工具として、今回は、インパクトドライバーについて考えてみます。区別のつきにくいドリルドライバーとの特徴を比較しながら、工具の選択方法を考えます。
DIY

ウッドデッキを製作するときの服装はどんなの?

ウッドデッキの製作をするときには、道具を準備することも大切ですが、服装についてもしっかり準備しなくてはなりません。汚れても大丈夫なもので、動きやすく、回転機械に巻き込まれないようなものを選択しましょう。
DIY

DIYを始める際に必要な工具はなに?

ウッドデッキを作るときに必要な道具は何でしょう?まずは、最低限、準備しておくべき道具を確認して、その他にあると便利な道具について確認していきます。
材料手配

ウッドデッキをWRC(ウエスタンレッドシダー)でつくるといくらかかるの?

前回まではサイプレスを使用してウッドデッキの材料費を計算しました。今回は、ウッドデッキ材料で最もポピュラーらウエスタンレッドシダーにて材料費を計算して、比較検討してみます。
DIY

ウッドデッキの材料注文のしかたと値段はいくら?

ウッドデッキの材料拾い出しができたので、その数量をもとに材料を注文します。同じ規格のものはまとめて注文し、現場で切り出すようにします。また、万が一のときに備えて余分の材料も加えておきます。
DIY

ウッドデッキの材料拾い出しはどうやるの?

設計図から、必要な材料の拾い出しをします。この作業は、材料を種類ごとに仕分けして、必要な数量を洗い出す作業です。
ウッドデッキ

ウッドデッキの材料手配はどうするの?

ウッドデッキの設計図が書けたので、各材料の入手方法を考えていきます。木材、木ねじ、基礎などについて検討していきます。
DIY

ウッドデッキの設計はどうやるの?(その3)

ウッドデッキの設計図面を作成します。今回は、大引ピッチと束柱高さを決定し、設計図面を完成させます。
DIY

ウッドデッキの設計はどうやるの?(その2)

ウッドデッキの基本的なものを設計するため、その設計手法を細かく説明しています。今回は根太ピッチを決めることを主に考えていきます。
DIY

ウッドデッキの設計はどうやるの?(その1)

ウッドデッキを自作しようとするとき、最初にぶちあたる壁は設計図の作成です。今回からは、設計図面の作成方法を細かく説明していきます。まずは設計条件の確認と、仕上がり高さを決めるための準備をします。
タイトルとURLをコピーしました