インパクトドライバーはどうつかうの?

DIY

ウッドデッキを作るときに一番使う工具は、インパクトドライバーです。床板を根太に打ち付けるなどに使用します。

似た工具にドライバードリルがありますが、どこが違うのでしょう。違いについて確認してみましょう。

インパクトドライバードライバードリル
特徴回転方向への衝撃を与え、
高いトルクを発生させる
締め付け力を調整可能  
得意な作業ドライバー作業ドリル作業
クラッチ機構なしあり
ハンマー機構ありなし
変速機構トリガーで調整可トリガーで調整可
電源バッテリーが主流バッテリーが主流
応用範囲狭い広い
価格やや高価比較的安価

インパクトドライバーとドリルドライバーには表の特徴があります。ウッドデッキで最も多い作業は、長いコーススレッドを打ち込むことで、このときには高いトルクが必要となります。インパクトドライバーは、回転方向への打撃機構が加えられることで「カン、カン、カン」という高音の打撃が内部ハンマーにて与えられ、高いトルクが発生します。このため、硬い木に対しても、長いコーススレッドを打ち込むことができます。

インパクトドライバーもドリルドライバーでも、「ビット」という先端工具を交換することで、ドライバーであったり、ドリルとして使用することができます。

しかし、インパクトドライバーのハンマー機構、ドリルドライバーのクラッチ機構の、お互いの特徴により、得意な作業が違ってきます。

インパクトドライバーは、ハンマー機構で回転方向に打撃を与え、高いトルクを発生します。このため、ウッドデッキ製作では、ハードウッドであっても、長いコーススレッドを打ち込むことができます。逆に、このハンマー機構が邪魔をして、ドリル作業を行う際には、中心がずれてしまうことがあるため、穴あけ作業は得意ではありません。

ドリルドライバーは、クラッチ機構があるため、好みのトルクで締め付けることができます。力を調整することで、割れやすい機に対しても、やさしく打ち込むこめ、木割れを防げます。

しかし、高いトルクを発生させることはできないため、長いコーススレッドを打ち込むことはできません。

以上から、ウッドデッキ製作においては、インパクトドライバーを使用することがよいです。

購入する際に比較検討する事項としては、バッテリーの種類と電圧です。高電圧のもののほうが、力が強く、高機能のものが多いです。種類としては、リチウムイオンとニッカド電池があります。リチウムイオン電池は、継ぎ足し充電が可能であったり、メモリー効果がなく、使い勝手がよいため、携帯電話でもおなじみの電池です。

また、高機能なインパクトドライバーには、ドリルドライバーの機能を持ち合わせたものもあるため、今後もさまざまなDIY作業を考えている場合は、このようなものを選択することもありです。

以上を踏まえ、現在、2台のインパクトドライバーを所持する私が主に使用しているのは下記の商品です。予備バッテリーがあり、十分なトルク、価格からDIYでの使用では全く問題を生じません。

とりわけ、ウッドデッキ製作では予備バッテリーは必須となります。数多くの長いコーススレッドを打ち込んでいると、充電切れとなる場合があります。この時、予備バッテリーがあれば作業を中断することなく継続できます。

ここまでが、私が使ってきたインパクトドライバーを踏まえての選択でした。しかしながら、世の中のインパクトドライバーの情勢は、14.4Vのモデルが主流であったものから、18Vモデルへと変貌しました。また、36Vモデルも登場してきています。

各メーカーのモデルの主流は18Vとなっています。やはり、電圧が高い方がパワーがあるため重宝されます。

ラインナップ変更を踏まえてオススメするのは以下の機種です。メーカーは私が最も好きな「マキタ」製です。マキタでは18Vバッテリーが互換機種が多いため、他の工具ともバッテリーの共用ができますので、今後は18Vの工具を買いそろえていきたいと思います。

このモデルは、18Vインパクトでは上位に位置するモデルで、プロでも使用できるほどのパワー(180N・m)や打撃力の切替えが可能です。DIYで使用するには十分すぎるモデルですが、2021年1月現在では廃番となっているが故に割安に入手可能です。入手できる場合は、お買い得だと思います。

次回は、丸のこについて確認していきます。

ウッドデッキに関する記事については、こちらをご覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました