【DIY】掛け時計を自作してみる

DIY

賃貸物件でテレビを壁掛けにした際、以前から使用していた掛け時計を設置しました。

この時計は、以前設置していた和室では調和がとれていましたが、今回は少し浮いているような気がしたので別の時計を探すこととしました。

今回探したものは、あまり主張が強くなく周りに溶け込むようなものです。いろいろ調べている中で、時計の機械部分(ムーブメント)と針がセットで売られており、これを用いて掛け時計を作ることができることが分かりました。

今回は、このセットを使って掛け時計を作ってみようと思います。時計を掛けていた板を文字盤替わりとして作成します。

今回購入したムーブメントはミドルシャフトのもので、対応する文字盤の厚さは3~9㎜となっています。ちなみにロングシャフトタイプのものであれば、20㎜程度まで対応可能となります。

時計を作ろうとしている板厚は25㎜なので、文字盤代わりの板としては厚みがありすぎます。このため、ムーブメントを設置する場所を20㎜彫り込んで板厚を5㎜まで薄くします。彫り込むにはルーターという電動工具を使用します。彫り込む作業は非常に手間がかかります。

今回は杉板ありきで時計を製作したので、わざわざ彫り込む手間をかけました。しかし、設計の段階から検討することでこの作業を省略することができます。二通りの手法を紹介します。

一つ目は、シャフトに対応する文字盤の板厚に変更します。今回使用したミドルシャフトの場合は、9㎜以下の板を文字盤に採用することで加工なしで製作できます。

別の方法としては、ムーブメントをロングシャフトタイプのものにすることです。ムーブメントを変更するで、厚い文字盤でも加工せずに使用することができるようになります。

次に、時計のシャフトを通す穴をドリルで開けます。中心部分の穴にシャフトを通して、反対側からボルト留めしてムーブメントを固定します。

シャフトが通ったら、12時の位置に合わせて、短針、長針、秒針の順にはめていきます。付属する時刻表示の紙を使用して文字盤の数字位置決めをしたら、裏紙を剥がして文字を貼り付けていきます。

以上で掛け時計は完成です。製作時間としては1時間もかかっていません。今回は、ムーブメントを収めるため、彫り込む作業がありましたので多少の時間はかかりましたが、この作業がない場合は、穴あけと数字を貼るだけです。

文字盤の選択が適切であったなら、正味30分もかからずに作成できます。文字盤は、木だけではなく、プラスチックやガラス等なんでもかまいません。アイデア次第でどんなものでも時計に変化させることができます。簡単な作業なので、ぜひ挑戦してみてください。

賃貸物件でテレビを壁掛けにする方法もご覧ください。

ウッドデッキ物置に関する各記事もご覧ください。

インスタでは多くの写真で製作過程を紹介しています。よかったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました