絵本を飛び出したウサギのイスを作ってみました

DIY

今日は絵本をモチーフにした椅子を作ってみた話です。皆さんは「どうぞのいす」という絵本をご存じですか?約40年愛され続けている絵本で、うさぎが作った椅子を中心に物語が進む「おもいやり」についてのお話です。

本屋でたまたま見つけたのですが、懐かしさから手に取って読んでみました。読んでいるうちに、話の内容を思い出しましたが、それと同時にうさぎの不器用さが面白くなってきました。そこで、ふと、もっとデザイン性を上げたうさぎの椅子を作ってみようと思いました。

耳と尻尾を付けた、うさぎっぽい椅子をデザインしてみました。絵本を読むような小さな子供が使うものをイメージしています。

設計

まずは、材料を手配するために設計図を書きます。いつものように適当に書いていきます。普段は広告の裏などに書いていますが、今回はふらっと立ち寄ったホームセンター内で設計したので、リュックの中に入れていたiPadで書きました。

私の設計手法は、材料を効率的に使い切ることができるようするので、まず、使う材料を決めます。今回の場合は使う材料が30×105×3,000㎜と45×45×3,000㎜のヒノキです。3mの長さをなるべく使いきるように設計するため、椅子の幅を30㎝にして座面や背板を30㎝として設計します。

座面に3枚、背板に2枚使用しますので、椅子一脚につき5枚、二脚で計10枚となり、ちょうど3mの長さを使い切ることができます。なお、実測してみると2~3㎝くらいは余分に長さがあるので、ノコ代を加味しても10枚取ることができます。

材料手配

今回はホームセンターで設計したので、そのまま材料を購入します。3mの材料は自家用車で運ぶことができないので、カットサービスを利用して半分の1.5mに切ってもらいます。なお、カットサービスで使用するパネルソーは厚さ40㎜までしか切れないので45㎜角の材料は手ノコで切ることになりました。

座面には105㎜幅の板を3枚使いますが、そのままでは座面が大きくなりすぎます。このため、90㎜に幅を小さくします。パネルソーで縦挽きしてもらうことで幅を縮めます。

なお、今回はいすの合わせたテーブルも作ろうと思ったので、少し多めの購入となりました。テーブルについては、次回、作ろうと思います。

製作

まず、卓上丸ノコを使用して材料を切断します。角になる部分は45度の角度切りをして、角を落としておきます。

丸みを帯びさせるために、角をヤスリで整えたり、カンナで面取りをします。子供が使うものなので、安全に配慮して角ををなくします。また、全体に丸いイメージにすることで柔らかいデザインにします。

コーナークランプで固定しながら、コーススレッドで固定していきます。

仕上がりでビスの頭が見えなくなるように、穴を開けておいてダボで隠れるようにします。はみ出たダボは切り落として、カンナやヤスリで平らになるように仕上げます。

座面を貼っていきます。クランプでしっかり固定しながら、ビス留めしていきます。先ほどと同様に、ダボで隠すための穴をドリルで開けておきます。ビスの位置が揃っていることで仕上がりが良くなるので、穴あけの位置はしっかり測定して決めておきます。

背板もしっかり位置出しをして、クランプ固定したらビス留めします。2枚目を貼る際には隙間が均等となるように端材などを挟み込んで取り付けます。

耳の部分は丸みを帯びさせるために角度切りをします。45度と22.5度で何度も切ることで曲線に近づけて切ることができます。後はヤスリで角を落とせば丸い材料が出来上がります。

しっぽの部分も同じように角度切りを多用していきます。

完成

以上で完成です。今回は2脚同時に作りましたので少し時間がかかりましたが、1脚であれば1日で十分完成させることができます。

最後までご覧いただきありがとうございました。よろしければ、こちらの記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました