丸のこ定規ってどう使うの?

DIY

丸のこ定規

丸のこは直線で切ることを得意としますが、フリーハンドでまっすぐ切ることは大変難しいです。必ず、何らかのガイドを当てることで、精度良く切ることができます。

丸のこで切るときのガイドとしては、いろいろなものがありますが、DIYにおいては様々な角度を切ることがあるため、角度を自由に変えることができる丸のこ定規が便利です。

ゴムがついていて、材料に固定できる一辺を材料の側面に当てて安定させます。もう一辺に丸のこのベースを押し付けながら使用すると任意の角度の直線切りができます。

そのほかには、小学校の授業で使用したような大きな三角形をした直角切り専用の丸のこ定規もあります。これは、非常に精度良く直角切りができます。

クランプ

クランプとは材料を固定するための締め具です。材料を安全確実に押さえておくことができるため、DIY作業においては非常に重宝します。

とりわけ、一人で作業しなくてはならない時、誰かに保持してもらう側をクランプで押さえておくことで人手に頼らず作業が継続できます。

また、ウッドデッキの床張りをする際には、反ったり曲がったりした床板の矯正をする際に役立ちます。人の力では矯正できない曲がりでも、万力の力でまっすぐに矯正することができます。

クランプには色々な形式がありますが、DIY作業では固定したり、外したりすることを頻繁に繰り返しますので、ワンタッチで取り外しができるF型のクイックバークランプが便利です。

電源コード

ウッドデッキ製作において必須となる道具は、今まで紹介したもののほかに電源コードが必要となります。

電源を必要とする工具を外で使用するときには、作業する近くまで電源が必要となります。作業を庭でやる場合には、10m程度のコードがあれば十分です。ドラムリール式の延長コードがあれば万全ですが、DIYでは不要でしょう。ただし、ドラムリールには漏電遮断器付きのものがありますので、工具不良による漏電が発生したとしても、家屋の電源への影響を防ぐことができますので、その点を重要と考える方は選択する価値はあります。

今回で、ウッドデッキ製作に最低限必要な道具については確認が済みました。

次回からは、いよいよ製作に入ります。

ウッドデッキ物置に関する各記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました