初心者でもできるレンガDIY 花壇を作るコツ

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、源です。初めて花壇をDIYで作ってみました。

げん

庭にいっぱい花を咲かせたいね!

寒さも和らいできて、春の訪れが近づいてきました。レンガを積み上げる作業は、地道にやれば出来上がります。根気さえあればなんとかなります。

庭に花壇がある生活っていいですよ。

目次

どんな花壇を作るかを考えよう

まずは、花壇を作る場所や大きさを決めます。検討する際、考慮しなくてはならない項目は以下のものです。

日当たり

花が育たなければならないので日当たりが必要です。しかし、常に日照が必要なわけではなく、建物の北側でない限りは、植える植物の種類を選択することで生育させることができます。

自分の家だけでなく周りの家も含めて、庭にはいつ日影ができるかを考えて、なるべく日当たりの良い場所を選択します。

また、花壇で育てたい花がある場合には、その花がどれほどの日照を好むかを調べて、その日照に合う場所を選択する方法もあります。

水やり

花には水やりが欠かせません。花によっては、毎日の水やりが必要となります。

水栓が近くにあり花壇にホースが届く場合は問題ありませんが、水栓が近くにない場合は、ジョウロで水を運ぶ動線を考えた場所に花壇を計画します。

土壌

花壇の土は完成後に入れるので、植えたい花に合わせた土を用意すればよいです。問題となるのは、花壇下部の土壌です。

とりわけ、水はけがよくなければなりませんので、元々の土壌が粘土質で水はけが悪い場合には、砕石や砂に置換して水はけを良くします。

視認性

せっかく植えた花が咲いた際には、いつも見ていたいものです。良く通る場所に作ったり、家の中から見える場所に作るといいでしょう。

作業性

綺麗な花を咲かせるためには、日ごろの手入れが必要となります。作業性を考慮した場合、あまりに大きな花壇は手入れが行き届かなくなりますので、まずは小さめのものから始めましょう。

花壇の奥行きが最も作業性に影響します。手が届かなくなりますので、奥行きは70センチくらいまでがいいでしょう。

つくり始める前に準備すること

材料入手

まずは、材料を準備します。準備するものは、以下のものが必要です。

  • レンガ
  • モルタル
  • 砕石(必要な場合)
  • コンクリートブロック(背面に積む場合)

材料はホームセンターで入手可能です。インターネット通販でも入手可能ですが、ホームセンターよりも割高になることが多いです。

これは、レンガが値段の割に重量があるため配送料が高くなるからです。重い材料を運ぶ手段がない場合は、通販を選択してもよいでしょう。

また、ホームセンターではトラックの貸し出しサービスがありますので、これを利用することも一つの手段です。

また、レンガは、材料の粘土と焼き方を変えることで様々な色が存在します。自分のイメージした花壇にするため、変わった色のレンガを使ってみるのも面白いと思います。

レンガのカラーバリエーションは、株式会社岡田煉瓦製造所ホームページにて紹介されていますので、参考にしてください。

今回は規格外のレンガを安く分けてもらったので、1個あたり100円程度でした。100個購入したので、主な材料費としては1万円くらいです。

工具準備

レンガを積む際に必要な工具は以下のものです。

  • レンガこて
  • トロ舟(バケツなどで代用可能)
  • 水平器
  • 水糸
  • スコップなど

レンガの下や横にモルタルを積むためのコテです。

髙儀(Takagi)
¥969 (2023/11/16 20:35時点 | Amazon調べ)
\スマイルSALE 開催中/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

目地を押さえるためのコテです。

髙儀(Takagi)
¥487 (2023/11/16 20:38時点 | Amazon調べ)
\スマイルSALE 開催中/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

レンガを水に付けておいたり、モルタルを練り上げるためのものです。なければ、バケツでも代用可能です。

赤長(Akakanechou)
¥1,544 (2023/11/16 20:36時点 | Amazon調べ)
\スマイルSALE 開催中/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

レンガが水平に詰めているかを確認します。

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥1,309 (2023/11/16 20:36時点 | Amazon調べ)
\スマイルSALE 開催中/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

レンガを積むための基準となる糸を張ります。

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥480 (2023/11/16 20:37時点 | Amazon調べ)
\スマイルSALE 開催中/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

レンガを積みながら、積み上げ位置をゴムハンマーで叩いて微調整します。

イーバリュー(E-Value)
¥899 (2023/11/16 20:38時点 | Amazon調べ)
\スマイルSALE 開催中/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

積み上げる位置の基礎を整える際に土を掘ります。

大進(ダイシン)
¥2,200 (2023/11/16 20:41時点 | Amazon調べ)
\スマイルSALE 開催中/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

レンガを積んでいきます

初めてレンガで花壇を作る際には、最も基本的な積み方である「長手積み」で積んでみましょう。この積み方は、上下のレンガを半分ずつずらしながら積んでいきます。

長手積み

レンガ積みの流れは以下のとおりです。

  1. レンガを水に漬ける(トロ舟に沈める)
  2. モルタルを練る(水を加え、耳たぶに柔らかさを目安に練る)
  3. モルタルを盛る(レンガコテでモルタルを2列に並べて盛る)
  4. レンガを乗せる(水平器で確認しながら、ゴムハンマーで押さえる)
  5. レンガの位置を調整する(水糸に合わせて調整する)
  6. 縦目地を入れる(縦目地にモルタルを詰める)
  7. 縦横の目地を整える(目地コテで整える)

花壇の背面側は見えなくなるので、レンガを積むのではなく、コンクリートブロックを並べました。

モルタルが乾くのを待ちながら積み上げていくので、一段ごとに施工していきました。実働としては4段の積み上げと基礎を整えたりするので、7日ほどかかりました。

いろんな花を植えて咲くのを待ちましょう

花壇が完成したら、気に入った花をたくさん植えてみましょう。

げん

一万円ちょっとで花壇できるなら良くない?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは、源です。
平日はしがないサラリーマン、週末の気が向いたときにDIYをしています。
いろいろ作ってみては、考えたこと、失敗したことなどをブログに書いています。
このブログを読んで、「私も作ってみようかな」と思える人が増えるよう、DIYの楽しさを伝えていきたいと思います。

コメント

コメントする

目次