DIYをするときに確認申請はどうする?(建築関係法律1)

DIY

DIYで何かを作るときに、知っておいたほうがいい法律があります。まず、建築基準法です。

建築基準法の中でも、頻繁にかかわりが出てくるものに建築確認申請があります。

まずは、建築基準法における「建築物」の定義は下記のとおりとなっています。

建築物 土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)、これに附属する門若しくは塀、観覧のための工作物又は地下若しくは高架の工作物内に設ける事務所、店舗、興行場、倉庫その他これらに類する施設(鉄道及び軌道の線路敷地内の運転保安に関する施設並びに跨(こ)線橋、プラットホームの上家、貯蔵槽その他これらに類する施設を除く。)をいい、建築設備を含むものとする。

建築基準法第2条第1項

以上から、建築物とは土地に定着し、屋根と柱、または、屋根と壁があるものを指します。

また、建築物に付属する門、塀を指します。

このため、DIYで関連する建築物例としては、

  • ウッドデッキ(屋根つき)
  • 物置
  • 門、塀

があげられます。

では、DIYでの、これら建築物は、建築基準法ではどのような扱いになるのでしょう。

まず、建築物を作るときには、建築確認申請が必要となる場合があります。確認申請の要否について説明します。要否の判定には、都市計画区域防火地域・準防火地域の内外にあるかで変わります。また、面積規定で10㎡以内の除外規定があります。

今回は、DIYでの場合ですので、すでに家が建っている土地において、上に例示した建築物を新たに建てる場合とします。この場合は、「増築」として扱われます。

ウッドデッキ(屋根つき)での建築確認申請の要否

工種/地域都市計画防火・準防火都市計画
区域内地域内区域外
増築×
10㎡以下××

凡例:○確認申請必要×確認申請不要

ウッドデッキでも屋根がある場合は建築物となりますので、確認申請を要する場合があります。

面積規定で10㎡以内は不要なのですが、防火・準防火地域内の場合は、この面積による除外規定があてはまりませんので、屋根があるウッドデッキを作るときには必ず建築確認申請が必要となります。

都市計画区域では、特殊建築物・大規模建築物だけが申請手続きをしなくてはならないため、家庭でつくるウッドデッキの規模では増築であったとしても建築確認申請は不要です。

物置での建築確認申請の要否

地域都市計画防火・準防火都市計画
区域内地域内区域外
増築×
10㎡以下××
小規模×××

凡例:確認申請必要×確認申請不要

土地に自立して設置する小規模な倉庫(物置等を含む。)のうち、外部から荷物の出し入れを行うことができ、かつ、内部に人が立ち入らないものについては、建築基準法第2条第1号に規定する貯蔵槽に類する施設として、建築物に該当しないものとする。したがって、建築確認等の手続きについても不要である。この取扱いについては、当該倉庫が既製のものであるか否か、及びその構造種別にかかわらず、上記に従って判断するものとする。

国住指第4544号 平成27年2月27日 小規模な倉庫の建築基準法の扱いについて(技術的助言)

以上の助言から、小規模な物置は建築物には該当しません。このこと以外はウッドデッキの場合と同じです。

また、この物置には自作のものだけではなく、既製品も含まれます。

門、塀での建築確認申請の要否

地域 都市計画 防火・準防火都市計画
区域内地域内区域外
増築××

凡例:確認申請必要×確認申請不要

門、塀の場合は、壁や屋根に囲まれた部分がないので、その建築面積は0㎡ということになります。よって、10㎡以下の場合と同じ考えとなります。

以上のように、DIYをするうえで、確認申請が必要となる場合があります。申請することなく作ってしまうと、最悪、撤去しなくてはならないことになります。

なお、確認申請の要否については最新の法律に照らし合わせることと、最終的な判断は建築主事または指定確認検査機関が行いますので、そちらに確認願います。

ウッドデッキ物置に関する各記事もご覧ください。

次回も建築基準法についてです。接道義務について説明します。

DIYで必要となる法律知識は、こちらをご覧ください。

インスタでは写真を多めで紹介しています。よかったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました