ウッドデッキをWRC(ウエスタンレッドシダー)でつくるといくらかかるの?

DIY

今回は、ウッドデッキで最もよく使われるWRC(ウエスタンレッドシダー)を使用した場合の材料費について検討します。

基本的な設計の考え方は、サイプレスの場合と同じです。

まずは、設計条件を確認します。

設計条件

大きさ/幅2.0m、奥行1.5m、高さ40cm

使用材料/WRC 塗装/あり

フェンス/なし パーゴラ/なし

基礎/沓石のみ Co打設なし

工法/サンドイッチ工法

床板隙間/3mm

設計図、材料拾い出し図は以下のとおりです。

必要な材料は下表のとおりです。

番号名称規格数量
床板 [2×6]38×140×2,00011枚
根太1 [2×4]38×90×1,4246本
根太2 [2×4]38×90×1,9402本
大引 [2×4]38×90×1,9401本
束柱 [4×4]90×90×20212本
沓石170×170×15012個
コーススレッド4.2×75232本
塗料適宜適宜
砕石適宜適宜

ここで、床板と根太の予備を加えて注文量を決定します。木材は送料込みの値段にて算出していますので、近くのホームセンターで安く手に入る場合は、置き換えてください。

番号名称規格単価数量金額
WRC [2×6]38×140×2,1002,50012本30,000
WRC [2×4]38×90×1,5001,0006本6,000
WRC [2×4]38×90×2,1001,5004本6,000
WRC [4×4]90×90×2,7004,8001本4,800
沓石170×170×15070012個8,400
コーススレッド SUS4.2×75 200本/箱1,6802箱3,360
塗料キシラデコール 4L/缶7,0001缶7,000
砕石5-20mm 20kg/袋1,3002袋2,600
合計68,160

結果、WRCの場合は7万円弱かかることから、サイプレスで作ったときと変わりません。今後の塗装メンテナンスのことを考えると、サイプレスで作ったほうが手間がかかりません。

次回からは、工具準備に入ります。まずは、ウッドデッキ製作するときに必要となる工具をひととおり確認します。

ウッドデッキに関する記事については、こちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました